フリーバンクキャピタル株式会社(以下、「FBC」)が運営する東京神奈川イノベーション応援1号投資有限責任組合(以 下「ToKIめき応援1号ファンド」)の投資先企業である、株式会社QDレーザ(以下「QDレーザ」)(本社︓神奈川県川崎市代表取締役社⻑︓菅原 充)が 2021年 2月 5日に東証マザーズ市場に新規上場いたしましたのでお知らせします。

◆QDレーザについて

2006 年 4 月、富士通株式会社(本社:東京都港区)と三井物産株式会社(本社:東京都千代田区)傘下の Mitsui  &  Co.  Global  Investment, Inc.(設立当時:株式会社エム・ヴィー・シー)の出資で富士通からのスピンオフベンチャーと して設立されました。株式会社富士通研究所(本社:神奈川県川崎市) と東京大学との 10 年以上にわたる産学連携による共同開発を基に、可視光領域から波長 1300nm 帯まで の量子ドットレーザをはじめとする高性能の半導体レーザの開発・製造・販売を行っています。

「人の可能性を照らせ。」というコーポレートメッセージを掲げ、半導体レーザ技術、網膜投影技術により社会に新たな価値を生み出すことを目指し、新しい市場を創出する最先端の半導体レーザ企業として成長を続けていきます。

<投資先企業概要>

商 号      株式会社QDレーザ

代表取締役社⻑  菅原 充

本社所在地     神奈川県川崎市川崎区南渡田町1番1号京浜ビル1階

設⽴日           2006年4月24日

証券コ ード  6613

U R L    https://www.qdlaser.com/

◆ToKIめき応援1号ファンドについて

東京圏におけるスタートアップと呼ばれる急速に成長の見込める新たなビジネスを考える創業者・起業家の資金面での支援のために、きらぼし銀行とFBCとの二人組合として、2017 年 10 月に設⽴したファンドです。当ファンドは、合計で 13 社に投資しており、組み⼊れを完了しています。