代表者あいさつ

今の日本には、どのようなベンチャーキャピタルが必要とされているのでしょうか。これからのベンチャーキャピタルに求められている社会的役割は何でしょうか。

フリーバンク株式会社は、2013年に設立された新興のベンチャーキャピタルですが、いずれも20年以上の投資経験を持つ精鋭ベンチャーキャピタリストが集まっています。

私自身、机1つからフューチャーベンチャーキャピタル株式会社を創業して、わずか3年での上場を実現させた経験があります。また、多くの企業のIPOにも携わってきました。

このように、各自が経験の中で蓄積してきた、投資先企業の企業価値や可能性を見抜く力は、比類のないものと自負しています。また、高度なハンズオン能力、つまり投資先のベンチャー企業を短期間で成功に導くノウハウを保持しており、投資先企業の育成には、充分な力が発揮できると確信しています。

スムーズな資金調達と適正金額の投資のために、銀行、信用金庫、信用組合などの間接金融機関と連携します。さらに、投資先企業の成長促進、育成のために、各分野のエキスパートである外部パートナーとも連携していきます。

キャピタリストの能力や経験、強力な提携関係を背景に、私どもは、ベンチャーキャピタルとして、上場志向型企業、創造型企業、シード・スタートアップ段階の企業への投資という分野に挑戦します。そのためには、ある意味、投資家に嫌われる覚悟をも、持つべきだと考えます。

ベンチャーキャピタルの使命は、ベンチャー企業に成長と利益を、投資家に確実な利益をもたらすことです。しかし、投資家の顔色ばかりを伺っていては、ベンチャーキャピタリストとしての本領が発揮できません。

必要な人に、必要なときに、必要なだけ資金を提供できる、真の金融を目指し、ステークホルダー各位の利益の最大化を目指しつつ、社会の発展に寄与して参ります。

フリーバンク株式会社
代表取締役社長 川分陽二

PAGE 1 PAGE 2

PAGETOP
Copyright © フリーバンク株式会社
Free Bank Co.,Ltd.
All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.